泣けるガンダム作品か。

嘘だといってよ、バーニィ




19時37分。
今日は一時間残業でありました。(今月度累計13時間20分


何だかんだ肉体労働で先週から残業続いてますしね。脚やら腰やらビシビシ来てます。




19時51分。
ニコニコの記事で泣けるガンダム作品ランキングってのを読んでました。


1位のオルフェンズはねー、悪いとは思わないけど、いっぱい死に過ぎて泣けるところはないですよね。ラフタを殺したのは、ガタガタッ!って反応しちゃいましたけど。



個人的に泣けるガンダム作品と言えば、新しいけどUCですかね。基本的にジンネマン艦長周りのシーンが良い台詞ばかりですし。一番は、第6話でのマリーダ『おとう・・・さん・・・我が儘を許してくれますか?』からの、ジンネマン『最後の命令だ。心に従え。』ですね。泣ける。



誰もが泣けるガンダムで思い浮かべるポケットの中の戦争は実はいまだに映像では観てないんですよね。Gジェネとか全作やってるし、最近のならフルボイスでバーニィのビデオレターは収録されてますしね。バーニィ格好良いですよね。自分が死ぬであろうことを覚悟しつつも、戦争というものでアルに憎しみを持たせたくないという愛情がね。一兵士として格好良いや。



MS IGLOOは鉄板ですよね。どのエピソードを取っても格好良いし。最終話『雷鳴に魂は還る』への盛り上がりも最高で。IGLOO2の重力戦線はそんなに酷かったかな?あまり覚えてないけど。



Gガンダムも何気に一番学校帰りの現役で見てたんで、師匠の最期とか超泣けましたよ。あと、個人的にはガンダムWエンドレスワルツで圧倒的な物量の前にすり潰されていくことで人々に問いを投げかけるヒイロたちの姿が泣けたかなと。



ビルドファイターズはね、泣けるって訳じゃないけど、とにかく良い作品でしたよね。ビルドファイターズ2の最後のスペシャルで謎の少女の正体が分かった時は体が震えましたw